各種奨学金制度

※2020年11月24日現在

高校在学生対象奨学金はこちら

独立行政法人日本学生支援機構(JASSO)はこちら

福島県教育委員会修学援助・奨学金はこちら

希望者は、「校内申し出〆切」まで 教務部奨学金担当者までご相談ください。

〇予約奨学金(大学等進学後に支給)

(本校に案内が来ているもの、日本学生支援機構奨学金・福島県奨学金を除く)

 

奨学金募集の団体 貸与or給付 支給額 主な応募要件 校内申し出〆切 備考  
1 交通遺児育英会 貸与(無利子)、一部給付あり 月額4万円、5万円、6万円から選択(うち、2万円は給付。別途入学一時金あり) 保護者が交通事故で死亡・重度後遺障害となった家庭の子ども 随時(1月15日まで)    
2 福島県厚生農業協同組合連合会 貸与(無利子) 看護師希望で自宅通学は年額36万円、看護師希望で自宅外通学は60万円、薬剤師は84万円 将来、JA福島厚生連に、看護師か薬剤師の資格を取得後、相当期間勤務を希望する各職種養成機関に進学するもの 随時    
3 2021年度上期 似鳥国際奨学財団(大学生対象) 給付
(返済不要)
自宅通学生5万円、自宅外通学生8万円 2021年4月に大学生である者。昨年の世帯総収入が1千万円以下。 各自直接応募 11月1日までにオンラインで応募(応募状況により締切が前後する可能性あり)。他の奨学金との二重受給を認めない。Webテスト、書類選考、オンライン面接あり。毎月期限内にレポートの提出あり。 今回初
4 ゴールドリボン奨学金(予約採用型) 給付
(返済不要)
月額4万円 小児がん経験者。前年度の世帯収入または所得が給与所得世帯の場合は700万円、給与所得以外の世帯は295万円以下の者。 各自直接応募   今回初
5 キーエンス財団奨学金 給付
(返済不要)
月額8万円 経済的自由により就学困難な者。福島県内の高校生であること。 各自直接応募 他の給付型奨学金との併用不可。授業料減免制度との併用可能。貸与型奨学金との併用可能。2021年2月よりエントリー開始。500名程度。 今回初
6 信州大学入学サポート奨学金 給付
(返済不要)
40万円(入学時に必要な学資の一部を奨学金として給付) 統合型選抜、学校推薦型選抜、一般選抜(前期日程)の出願予定者で、信州大学に合格した場合には必ず入学を確約出来る者 各自締切を確認し、直接応募する。9月11日必着のものと、12月11日必着のもの、あり。 信州大学のホームページで要項を確認すること。 今回初
7 ロータリー希望の風奨学金

給付
(返済不要)

月額5万円 東日本大震災で両親もしくは片親を失った生徒(ただし、親が再婚した場合は対象外)で大学・短大・専門学校に進学予定の生徒 1月末日   今回初
8 公益法人ヨネックススポーツ振興財団奨学金

給付
(返済不要)

月額5万円以内 大学に進学を予定していて次の①または②に該当する生徒。①専攻するスポーツ種目で自他ともに認める力量を有している者 ②青少年スポーツ振興のための指導者を目指している (②に該当する生徒は論文の提出が必要) 12月2日 指導者の推薦書の提出が必要。応募要件の「自他ともに認める力量」については、「ここ数年、各種目とも全国大会上位入賞レベルの合格者が多くなっています。」と募集要項に注記あり。 今回初
▲ もどる

〇奨学金(高校在学生対象)

(本校に案内が来ているもの、福島県奨学金を除く)

奨学金募集の団体 貸与or給付 支給額 主な応募要件 校内申し出〆切 備考  

1

 

交通遺児育英会 貸与
(無利子)
月額2万円、3万円、4万円から選択(別途入学一時金あり) 保護者が交通事故で死亡・重度後遺障害となった家庭の子ども 随時(1月15日まで)    
2 あしなが育英会 貸与(一部給付) 4万5千円(貸与が2万5千円、給付が2万円) 保護者が病気や災害、自死などで死亡もしくは著しい障害を負っている 11月末日    
3 本庄国際奨学財団 給付
(返済不要)
月額5万円(高校2年から高校卒業までと、国公立大学に進学した場合は国公立大学卒業まで) 次の①~③全てに該当する高校1年生。①国公立の4年制大学に進学を希望している。②高校1年の評定平均が4.0以上。③経済状況や生活状況が次の(1)~(3)のいずれかに該当する生徒。(1)主な家計支持者(父母など)が給与所得者の場合、1年間の収入が500万円以下。(2)主な家計支持者が個人事業主の場合、1年間の所得が250万円以下。(3)児童養護施設入所している、里親家庭等で生活しているなど、社会的養護が必要な人。 2月末日 募集定員10名。応募に課題作文(400字×2枚以内)の提出が必要。学校の担当教員から、ウェブ申請にて申し込みとなる。  
4 公益法人ヨネックススポーツ振興財団奨学金 給付
(返済不要)
月額4万円以内 高校1・2年生で①または②に該当する生徒。①専攻するスポーツ種目で自他ともに認める力量を有している者 ②青少年スポーツ振興のための指導者を目指している (②に該当する生徒は論文の提出が必要) 12月2日 指導者の推薦書の提出が必要。応募要件の「自他ともに認める力量」については、「ここ数年、各種目とも全国大会上位入賞レベルの合格者が多くなっています。」と募集要項に注記あり。 今回初

▲ もどる